トップページ  > 田中塾

2010年10月17日 (日)

陽射しもやわらかくのんびりした土曜日。
事務所に有志たちが集まって田中塾・番外編という風情の勉強会。

終了後は、私のわがままで浅草に移動。
(なぜだか無性に浅草に行きたい気分だったのです)
数年振りに訪れた染太郎にて、坂口安吾の色紙の下で放談飲み会。

こうした心地良くゆるい勉強会は続けていきたいものです。
来月からは入社直後の若人へも勉強会をはじめる予定。
こうした「寺子屋の師匠」みたいなのが似合う年齢にもなってきたのでしょうか。

そもそも教育業の本質は大儲けや効率化の対極にある気がします。
生徒さんたちのお心付けて細々と生きていくくらいが一番快適なのかも。

2007年11月19日 (月)

来月12月9日(日)の田中塾「大人の工場見学」にも満員の申込をいただきました。
わがままな企画に大勢の皆さまのお付き合いをいただき、心より感謝します。
本当にありがとう!
これで本年の田中塾は締めくくり。がんばってまいります。

・・・・・と、本年の締めくくりも済まぬうち、来年の新企画がふつふつと沸き上がってきました。
制約なく、自分で考え実行できるのが私塾のいいところ。

来年どうしてもやりたいのが、
「田中塾・大人の一夜漬け講座」

子どもの頃、親に怒られた一夜漬け。脳に残らないとけなされがちな一夜漬け。
でも私は子どもの頃から、この一夜漬けのおかげで大きくなりました。
その一夜漬けの良さを見直し、大人の世界に復活させる意欲的講座!
参加者を一晩で徹底的に数字に強くする「大人の一夜漬け講座」。

土曜の夕方から日曜の朝まで、数時間ぶっ通しで決算書・経営分析・経営指標・管理会計までのテーマ、私の持てるすべてを講義しようと思います。
(途中、コーヒー休憩とラーメン休憩の予定あり)。

「人はたった一晩でどれだけ数字に強くなれるのか?」

これを追求してみたいという奇特な気合い系参加者(初心者・数字ギライ大歓迎)を募って実施したいと思います。
スタッフからは「付き合いきれません」とサジを投げられているので、私一人で講師兼運営兼受付兼お茶くみをやることになりそうです。

やっぱり無茶でしょうか? 賛同してくれる参加者が2、3人でもやってみたいなあ。

2007年11月12日 (月)

本年の締めくくり~!

12月9日(日)「大人の工場見学 -ビール工場で数字を学ぶ-」

1回目を好評のうちに終えた「大人の工場見学」第2回。
本日よりHPにて先着順で募集開始します!
こちらからどうぞ → http://www.yasuhiro-tanaka.com/school/live/20071209.html

ぜひ「見て・飲んで」数字に強くなりましょう。
酒は好きだが数字ギライという方、とくに大歓迎(笑)!

2007年11月10日 (土)

お客さんにどうやってウケるとか、笑わせるかということを考えず、
会計の知識だけを伝えるとするなら数百人の大観衆に話す方が楽である。
一般論を話せばいいから。

あと個人的な誰かに会計のことを教えるのも、それはそれで楽である。
その人に合わせて話しをすればいいから。

講師として、「数人」に教えるというのがもっとも難しい。
それを敢えてやってみようとチャレンジしたのが今日の
田中塾「会計力養成講座・基本編」

我ながら、かなりやりがいがあるチャレンジでした。
遠くは新幹線に乗って名古屋から、年齢も性別も職業も異なる数人が集合。

おそらく参加者は、自分以外の参加者の話を聴くことによって
「この人はこういう理由で数字を学びたいんだ」
という、自分との違いを感じてくれたと思う。

それぞれの状況が違えば、数字を学びたい理由も違い、何を目的とするかというゴールも違う。
そのあたりが分かってくると
「数字に強いってどういうことか?」
を自分で考えることができる。
何をどう学べばいいのか、おぼろげに道筋が見えてくる。

そんな期待と共に始めてみた田中塾、
力が入り、思っていたより真面目に「会計」を講義した1日でした。
(大幅な講義時間延長、どうかご容赦のほど)。
それでもなお、会計の基本と楽しさを伝えきれたかどうか・・・・。

私にとっても本当に刺激的で楽しく、かつ今後の課題を頂いた1日でした。
参加者の皆さま、本当にお疲れさまでした & ありがとう!

*************************************

予想はしていましたが、それにしても「会計」に苦しんでいる人が多いですね~。

・数字ばかりで何が何だかわからない。目が回る。
・ビジネススクールに行っても全然分からず、本を読んでも分からず途方に暮れた。
・決算書は煮え切らない男のようで気持ちが悪い。(by某女性:爆笑)

など不満・悪口・誹謗中傷(?)のオンパレード。
私も一緒にえらく盛り上がりました。

私もまだまだやるべきことが多いようです。自覚しました。
まだまだやりたいこと、やらねばならぬことが山積みです。可能性はデカいぞ。
本日参加者の皆さん、大いなる可能性をプレゼントしてくれてありがとう!
皆さんにもそれぞれの可能性が開けますように。いつかまた会おう!

2007年11月 9日 (金)

睡眠不足でかなりハードな毎日を過ごしつつ、気力は充実。
年末も近くなってきたし、頑張らないと。(原稿締め切りも近いしね~)。

本格始動した私の私塾「田中塾」、本年度の締めくくりは、
2007年12月9日(日) 「大人の工場見学-ビール工場で数字を学ぶ-」
となります。

前回好評だった工場見学+講義+懇親会のパッケージの第2回。
申込受付は週明け11月12日(月)より、先着順でHPにて開始する予定です。
また改めて週明けにご案内します!

今回は落語家、立川志の吉さんも生徒で参加します。
先生・田中&生徒・志の吉の師弟コンビと一緒に数字をお勉強しましょう。
お笑い講義(?)をどうぞお楽しみにご参加ください。

この「工場見学+講義」プログラム、某公的機関より採用したいとオファーをいただく。
ありがたいことだが、いくら「生きた教育」といっても・・・・。
酔った生徒に酔った講師が講義するというのはどうもなあ(かなり困惑気味)。

2007年10月14日 (日)

なんとか雨が降らずに済んだ日曜日。
某ビール工場にて「田中塾・大人の工場見学-ビール工場で数字を学ぶ-」開催。
おそらくは本邦初、酔った講師による、酔った受講者への会計の講義。
おもしろおかしく盛り上がる、ヘンな雰囲気。

*************************

材料費・労務費・経費。
ざいりょうひ・ろうむひ・けいひ。

この原価計算のポイントとなる概念を説明するのに、過去どれだけ苦労したことだろう。
現実の工場を見学し、仕掛品と完成品を「飲んだ」あとで説明できた、私にとっても初めての体験。

講義後の懇親会、そして帰り道にて、「ざいりょうひ・ろうむひ・けいひ」という単語と共に笑いが起こり、会話が弾むという現象。
「やったぜ!」という嬉しい気分。

誕生日にも係わらず参加してくれたSさん、大阪からお越しいただいたTさん、
そのほか、このチャレンジングな試みに参加してくれた皆さん、本当に感謝です。
どうもありがとう!
またお会いできる機会を楽しみにしています。

*************************

反省点:
飲んで講義を行うと、トイレが近くなる。1時間に1回の休憩ではきつい。
何ごともやってみないとわからないことが多いものです。
深く反省(笑)。