« イタリア人の憂鬱 | トップページ | 深夜のドライブ経営 »

2017年4月 5日 (水)

桜の森の満開の下

 連載が終わった翌日、満開の桜の下をしばし散歩。これほどのんびりした開放感は久しぶりです。しかし不思議なもので、「もうネタを考えなくてもいい」はずが、ブラブラ散歩していると、次から次へと書きたいネタが降ってきます。「こんなことなら10回じゃなくて20回にしておくんだった」と後悔している自分に嫌気が差します。

 先日の八重洲ブックセンター講演でも話しましたが、ただブラブラしていてもダメなんですが、いったんギュッと詰めたあとに緩めるとこんな感じになりますね。「一所懸命考えているウチは、ろくなアイデアが浮かばない」不条理を身をもって実感します。

 さて、もう過去は過去として、花満開の新学期だし、次です、次。

  充電期間を経て、商売人育成CAT塾を来る7月より新開講します。日程は7/1・7/22・8/5・9/2・10/7・11/11・11/25(広島)です。今回は「商売人の国語・算数・理科・社会・道徳」の新メニューでお贈りします。そのうち募集開始します。

 そして、行くぜシンガポール&バンコク!
 5/24(水)夜にシンガポールにてプライシングセミナーやります。7/9(日)にはタイにて私のプライシングと板谷さんの言語技術セミナーの2本立て。シンガポールとタイの皆さん、どうぞ期待して待っていてください! さあ、お楽しみはこれからだ!

 「花の下は涯(はて)がないからだよ」 坂口安吾著「桜の森の満開の下」より

04052