« The Art Of War | トップページ

2017年4月 9日 (日)

あまのじゃくが幸運をつかむ

 春休みが終わり、子どもは月曜から新学期です。うちの息子は夜更かしし過ぎて、明日から早起きできるか心配。そこで一回転させて戻してやろうと、「今日は寝ないでずっと起きてろ」と命令してみました。すると不思議なもので、「寝るな」と言われると眠くなるようです。

 「はやく寝ろ」と言われれば夜更かしし、「ずっと起きてろ」と言われれば眠くなる。これを天邪鬼(あまのじゃく)と片付けるのは簡単ですが、ここには「人間の性質」に係わる重大なテーマが潜んでいるように思います。

 人は誰かに命令されること、義務を作られることが嫌いなのではないかと。私自身、仕事や生活全般において「マスト」が大嫌いなのでよくわかります。わが親子は「マスト嫌い」気質がめっぽう強いようです。

 最近仕事でノドから手が出るくらい新しいアイデアを欲しているのですが、「マスト」に埋もれ、To Doリストを片付ける生き方をしていると、絶対に「よいアイデアや発想」は生まれません。それを「片付ける・こなす」ことに意識が集中してしまうからです。

 だから最近はできるだけマストな作業や約束を減らすようにして、のんびりぼんやり過ごすようにしています。誰かと食事に行くときも、「会いたい気分」のときに「明日食事行かない?」と誘って、それで対応してくれる友人を大事にします。「来週は予定が詰まっているので再来週の予定いかがですか?」と調整しているうちにその食事がマストな義務になってしまうからです。

 すべてをそのときの気分と感覚に任せ、偶然(セレンディピティ?)をじっと待つ。その境地にして初めて「身の回りから学べる」ようになる気がします。これがたぶん「一生懸命頑張れば頑張るほど、結果が出ない」悪循環を抜け出す道ではないかと。

 作業ならともかく、何かを創造しようとするなら頑張りすぎてはダメですね。明日から新学期のわが子は学校や母親から「マスト」を突きつけられる日々ですが、たまにはこっそり「ぼんやりさせる」場所と時間に連れ出そうと思います。

*****************************

 「運の悪い人は緊張や不安に弱く、(中略)実際の生活でも、待ち合わせの時間に遅れないことや新しい仕事を見つけることなど、さまざまな問題で頭がいっぱいだ。ごく狭い範囲に注意力が集中して、身の回りにあふれているチャンスを見逃しやすい」
              「運のいい人の法則」リチャード・ワイズマン著 角川文庫より