« 「『数字』が読めると本当に儲かるんですか?」で案内人デビュー | トップページ | 桜の森の満開の下 »

2017年3月25日 (土)

イタリア人の憂鬱

 週末のビジネススクールにて、生徒から興味深いお話を聞きました。外資系に勤める彼女の「イタリア人上司」が来日したときのエピソード。そのイタリア人が日本ビジネスマンにプレゼンするたびに落ち込み、めげてしまったのだとか。

 イタリア人が日本人相手のプレゼンで落ち込んだ理由・・・それは聞き手の「反応がない」ことだったそうです。一生懸命プレゼンしてもまったく表情を変えず、つまらなさそうに聞く日本人。陽気なイタリア人はこれで自信喪失してしまったのですね。
 よ~くわかります。本当にお気の毒。興味がないわけじゃないんですよね、みんなそういう「表情」なだけ。

 これには講師をつとめる私もかなり洗礼を受けてきました。年配の男性が多い大企業では、なにをどう面白く話そうとぜんぜん笑ってくれない。じっと「会議顔」を崩さぬまま聞いている人が多いです。

 さいきんこれが若い人にも広がりつつあります。会社の新人でも「反応がない」人が増えています。おそらくビデオ講義しかない予備校に通い、テレビとユーチューブでしかお笑いを見ないうちに、「自分の表情が話し手に影響を及ぼす」ことを忘れてしまうのでしょう。

 それにしてもイタリア人があまりに気の毒。面白い落語ライブでも見に行って、「笑う」ことに慣れようよ、日本人。話す相手に対しきちんと反応する、これがグローバルの出発点だと思うぞ。