« ビッグウェンズデイツアー in 広島 | トップページ | 10/2(水)八重洲ブックセンターでトークショーやります! »

2016年9月24日 (土)

あるがままに「浮く」こと

 現在、阪本さん、仲山がくちょと3人でビッグウェンズデー・ツアーを開催中、全国をまわっています。

 もともと「商売の波に乗れ!」とサブタイトルのついたこのツアーですが、本当に良い循環というか、波を感じています。

 がくちょの言葉を借りれば「浮く」こと、阪本さんの言葉を借りれば「因果を捨てる」こと、そして私が紹介したマズローによればDeficit(不足)を埋めるのではなくBeing=「あるがまま」であること。

 これらはすべて「力を抜く」ということではないかと思います。
 しかし、この「力を抜いて自然体」ほど、難しい作業はないのですよ。

 筋トレをやった人なら分かると思いますが、トレーナーから「肩の力を抜いてください」とアドバイスされても、戸惑うばかり。
 人間、「肩に力を入れろ」と言われれば、いくらでもできるのです。そうではなく「この部分の力を抜け」と言われるとできない。「目をしっかり開けて睡眠しなさい」と同じくらい難しい。

 商売で言えば、「意識してここを直す」のは簡単ですが、自らの「あるがまま」に商売を行い、かつ儲けるのは本当に難しいことなんですねえ。
 ただ明らかに、我々3人はその困難に向かい、それををやろうとしている。ほんと、毎回お互いの講演を聞きながら、無茶な3人だなと思います。でも良い友人です。
 そんなわけで、「こうすれば儲かる」という具体的アドバイスが皆無な会なのですが、そんな話をニコニコと聴いてくれる参加者がいて、そのあと彼らといろんな話をして「お互い頑張ろう」という気分になれる。ほんと、素晴らしいツアーです。

 今回の広島の翌日、いい気分で(2日酔いでしたが)阪本さんと打ち合わせして、そのあとのんびり、ぼんやりした頭で乗った新幹線で新しい企画が降ってきました。浮いてます、ビジネス瞑想状態です、絶好調です、私。

 波に乗るには、頭で考えすぎず、あるがままに浮くこと。
 そうすれば笑顔になって、良い仲間ができる。
 欠けているものを探してばかりでは、暗い顔になって運と縁と円が逃げる。
 
 さて、ビッグウェンズデー・ツアーは、あと大阪と福岡を残すのみ。名残惜しい。もっと続けたいです。
 来年もやりましょう、阪本さん、がくちょ!