« 人生の勝負をかけた小麦との決戦? | トップページ | 謎の小作人より贈りもの »

2015年10月14日 (水)

田中靖浩CAT(キャット)塾・11月に開講します!

 人生を振り返ってみて、前半はずっと本の虫でした。10代から20代は本ばかり読んでいた。しかし、最近、学びは本より「人から」のほうが多くなってきたように感じます。
 
 たとえば仲山がくちょのご縁で出会ったネットショップの人たちから、新たな時代を感じることができました。一緒に仕事をさせてもらっている落語家や講談師はじめ芸人の皆さんからも、ピンで生きる覚悟を教わっています。そのほか著者仲間や多くの友人、弟子たちからいつも学ばせてもらっています。
 人生の後半は、出会いから学ぶようになるのです、きっと。

 出会いはただ待っているだけではダメ、自ら動くこと。そんなわけで私も自ら塾を旗揚げし、志を同じくする仲間たちの場を作ることにしました。それがCAT塾です。新刊コンセプトのCAT(Cozy・Analog・Touch)にちなんだ「明るい商売人になろう」との願いを込めました。

 CAT塾の立ち上げに当たっては、友人であり先輩でもある阪本啓一さんが開催されているMAIDO-internationalが大いに刺激になりました。大阪で商売人たちを盛り上げている阪本さんに次いで、私は東京の地から商売人仲間が集う場をつくります(阪本さん、ぜひ交換留学制度お願いします!)。

 「効率的なビジネス」は疲れた大人、態度の悪い大人を増やしています。子どもたちにとって悪い見本です。これではいけません。楽しそうに働く大人がもっと増えないとこの国に未来はありません。
 守りに入ったサラリーマンにはもう任せられません。ビジネス以前の「商売」の基本に立ち返って学びましょう。今回の塾プログラム、「21世紀の商売」を原点から考え、必要なテーマを選びました。

 CAT塾、いよいよ11月開講します。私にとって「最もやりたかった仕事」がこの塾。
 どんな仲間が参加してくれるのでしょう?
 どんな出会いがあり、どんな広がりをみせるのでしょう?
 こんなにワクワクした「遠足前夜」のような気分は久しぶりです。

追記:すでにfacebookにて10名を超える申込みをいただきました。ホームページでは10月下旬に申込みを受け付ける予定です。