« 父と息子の会話 | トップページ | 「楽しい」を上位目的に生きること »

2015年9月30日 (水)

楽しみ、楽しませるためのユーモア

 福岡から帰りました。
 昨日、お招きいただいたセミナー会場に行くと、会場の後ろには喫茶コーナーが用意され、参加者の手元にはテキストと「私の新著クッキー」が置かれています。

 夜19:00開始のセミナー、参加者は疲れてやってきます。
 このサプライズは効果絶大。でっぱなから会場は和やかな雰囲気に包まれました。...
 講師の私がどれだけ話しやすかったか、わかってもらえるでしょうか。(逆に、形式張った講師紹介をされる講演がいかに話しにくいか、わかってもらえるでしょうか)

 開始1分経たないうちに、自然に笑いがこぼれる会場。
 あまりの気持ちいい空気に、予定していたプライシング・ワークショップをすっとばし、2時間以上延長ぶっ通しで独演会をしてしまいました(参加者のみんな、ホントにすまん!)。

 思うところあり、ヨナイ佐々木くんのサンクスメールを講義の最後に配布させてもらいました。きっとこれを読んでくれた参加者は、私が何を言いたいのか、わかってくれると思います。

 経営セミナーのうしろに喫茶コーナーを設けること、心温まるサンクスメールを書くこと。そうすればうまくいくこと。値下げせずにすむこと。
 それは誰でも理解できるのです。
 それを知識として前例として学んで、マネすることは誰にでもできるのです。
 でもぜったい同じ結果は出すことができない。

 マネする奴には「ユーモア」がないのです。
 自ら面白いことを面白いと思う気持ち、人を喜ばせようとする気持ち、その根本にユーモアがあります。
 ユーモアとは楽しみ、楽しませる行動であり精神です。
 マネして再現した面白さ、アイデアをユーモアとは言いません。安易なマネには必ず「ずるさ」が染み出てしまいます。

 ユーモアとはもともとラテン語の体液の意味。
 生活のなかで「楽しさ」に浸っていないと失われるものです。
 イオンとユニクロで買い物をしていると失われるのものです。
 「習慣」などを大切にしていると失われるものです。

 九州の三小田さん、サンクスメールを許可してくれたヨナイさん、あなたがたのユーモアには敬意を表します。
 そして昨日夜の講演と、今日の楽天EXPOで大きな拍手をくれた皆さん、もう「良いものをより高く」倶楽部の会員に認定します。一緒に常識と闘おう!

 出張の朝、小春から「吸収を楽しんできてください」とメールが来て苦笑しましたが、九州でほんとに吸収させてもらいました。

 さあ明日から月替わりだ、気合い入れていくぜ、みんな!