« 気配を消せるカッコよさ | トップページ | 武将の気持ちで新兵器導入 »

2014年5月 6日 (火)

Japanese Stand-up Comedy (but sit-down)の実力

 結局GWは掃除しただけで終了。前向き感、疲労回復感、ともにゼロ。しかし偶然WOWOWで発見した志の輔師匠のパルコ公演2013&2014をみて改めて唸りました。

 最近、有名人のプレゼンテーションを無料で見られるTED関連のプレゼン本が売れているそうです。これらが売れるのであれば、どうしてRAKUGOをビジネス・プレゼンテーション的に解説したものが存在しないのか、不思議でなりません。

 それはさておき、志の輔らくご2013の演目が「百年目」でした。
 百年目の中に「旦那(だんな)」のいわれが出てきます。

 その昔、天竺に栴檀(せんだん)という立派な木があり、その下に難莚草(なんえんそう)という雑草が生えていた。目障りな難莚草を抜いたら、栴檀が枯れてしまった。
 生えては枯れる難莚草が、赤栴檀にとって欠かせない肥やしになっていた。
 栴檀が下ろす露が難莚草にとって良い養分になり、難莚草が栴檀にとってよい肥やしになる、そんな「持ちつ持たれつ」の関係。栴檀の「だん」と難莚草の「なん」とを取って、一家の主を「だんな」と呼ぶようになった・・・。

 世の中は変われど、旦那と下の者、経営者と従業員の関係も「持ちつ持たれつ」なのは間違いありません。
 さてこの話のどこを強調し、どこを色づけするか。それによって同じ「百年目」でもまったく印象の違う話になります。
 旦那が番頭に諭すくだり、志の輔師匠がやると重みとおかしさの絶妙なバランス。安易に難莚草を刈ろうとする経営者にはぜひご覧頂きたい話です。

 それにしても「世界一不自由な環境において、すべてを創造し、想像させる」Japanese Stand-up Comedy (but sit-down)の実力はもっともっと認められるべきだと思います。
(落語家の英訳が難しいです)

posted at in 落語

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/59595565

この記事へのトラックバック一覧です: Japanese Stand-up Comedy (but sit-down)の実力:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。