« 名前通りだ、晴の輔 | トップページ | 入門おめでとう »

2014年4月 8日 (火)

JJ(ジェフベック)は何処に

 楽しみに向かったJeff Beck in TOKYO DOME・・・のはずが、行ってみるとドームではジャビット君が踊っている。ジャイアンツ戦じゃねえか! 日を間違えたかとチケットを見れば、紛れもなく「2014.4.8(火)」。なのになぜ!? そういえば昔にもこんなことがあったぞ。そうだ、ウィーンに行ったときだ。ここは冷静になろう。

 チケットをよく見れば「TOKYO DOME CITY HALL」。え、シティー・ホール?? どうやら東京ドームとは別の「CITY HALL」があるらしい。ドームの警備員に聞く。  「今日、ジェフ・ベックのコンサートがあるんですが場所、分かります?」   その警備員、ロックにはとんと縁がないらしく
 「え、ジェフ・・・ええっと、・・・もしかしてジェイ・ジェイとかいう人ですか?」
 ・・・この警備員、ロックには縁がない人生を歩んできたらしい。ジェイジェイとちがうわい。でもこの際しかたない。  「そうです、JJ! そのコンサートの場所はどこですか」と訊くと、道のりを教えてくれた。なんとか近隣の会場に5分前に到着。

 ところが隣のロック好きの弟子が来ていない。せっかく良い席のチケット分けてやったのに、間に合わなかったら首にしようと思っていたところ2分前に到着。・・・・やはり彼も同じように間違えていました。
 まあ、間に合ったから許そう。何を隠そう、私は方向音痴の男とだけは絶対仕事を一緒にしたくないのです。方向感覚の弱い男は仕事ができないからです。(ちなみに方向感覚の良すぎる女はもてないという持論も持っていますが、それはまた別の機会に)

 今回ジェフベックはもうひとり芸風の広いギタリストを連れてきました。かなり意外な取り合わせ。その2人のプレイを見て、「俺達もああやって仕事しないとな」と弟子に一杯飲んで説教する帰り道。

P.S. 10/2&9、BOSTONが来日するみたいです。WOW! もはや日本は米国ロック協会・高齢年金基金の儲け先になったかのようです

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/59436539

この記事へのトラックバック一覧です: JJ(ジェフベック)は何処に:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。