« 友だちには「益友と損友」の2種類 | トップページ | 弟子一同講演レポート総選挙 »

2012年9月10日 (月)

ロックンロールなミュージカル「ミリオンダラー・カルテット」

 渋谷ヒカリエ、東急シアターオーブ劇場に「ミリオンダラー・カルテット」を観に行きました。ロック好きに推薦したいのでご報告。
 http://theatre-orb.com/mdq/index.html

 これはプレスリー、ジェリー・リー・ルイスなど1950年代ロックンローラーが主人公のブロードウェイミュージカル。先日、高校生の娘が初日に観に行き、興奮して帰ってきました。「あれ見ないとロックの歴史は語れないよ、パパ」だそうで。
 心の中で「誰に向かって言ってやがる、この野郎」と思いながら、つい自分も観に行ってしまいました。ミュージカルなのに、さいごはエレキギターに総立ちという不思議な舞台です。

 改めて、ブラック・ミュージックを取り込んでロカビリーやロックンロールを産み出したプレスリー世代の熱気はすごいもんだと思いました。日本人が三波春男・村田英雄に熱狂していた頃、アメリカではこんなに革命的な奴らがギターをかき鳴らしていたとは。
 私のまわりの席の初老の皆さんが熱狂していたのがなんともいい感じでした。1曲1曲のイントロで歓声を上げる彼等、かつての不良たちにとって今日の楽曲は青春そのものだったのでしょう。

 アメリカといえば、美味しい食べものはハンバーガーとピーナッツバター以外発明しておらず、近年はサブプライムローンや証券化に伴う毒ガスを世界に撒き散らす迷惑な国ですが、ことrock 'n' rollについてだけは革命的な先進国であると確認しました。

 このロックンロール・ミュージカルは9/17までやっています。ロック好きは高校生から老人まで、ぜひどうぞ。(まだ少しだけ当日券があるようです)
 http://theatre-orb.com/mdq/index.html

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/55628021

この記事へのトラックバック一覧です: ロックンロールなミュージカル「ミリオンダラー・カルテット」:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。