« 英一郎・白磁彫刻展 | トップページ | 仕事関係・勉強会参加者・友人の皆さまへお詫び »

2012年2月23日 (木)

「すーちゃん」

 「すっごくいいですよ。」と編集者(女性)に勧められたマンガ、益田ミリ作「すーちゃん」。周りの女性に聞いてみたら全員知っており、男性に聞いてみたら全員知らなかった。私も知らなかった。これは読まねばなるまい。で、読んでみての感想・・・・・あかん。すごい。まいった。

 女性特有の感性の鋭さなのか、男ではこうしては斬れない。
 カミソリの鋭さとでも言うべきか。結果として今という「時代」がスパッと切り取られている。その手法見事にして断面鮮やか。音もせず血も出ず。しかもわざとらしくなく自然。おそらく無意識で表現できるのだろう。無意識の天才。
 それに比べて、われわれ男はノコギリでぎこぎこやっている野郎ばかり。ロジカルシンキングにコーチングに戦略に会計、がちゃがちゃぎこぎことうるさい、見苦しい。
 (うまく感想を表現できていない私のこの文章こそ、いちばん見苦しい)

 「すーちゃん」シリーズ。編集者には「脱力できますよ」と勧められましたが、私の場合、斬られて血だらけになって貧血でぶっ倒れてそれで「脱力」というかんじ。
 献血したようなすがすがしさ。本当にまいりました。(献血したことはありませんが)
  すごいねえ、この著者さん。そして愛読している読者は幸せだねえ。

posted at in 書籍・雑誌

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/54047877

この記事へのトラックバック一覧です: 「すーちゃん」:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。