« 2012年2月8日、御立尚資さんと2人会 | トップページ | 電車で帰ればよかった・志の吉さんとの2人会回顧 »

2012年1月24日 (火)

「落語を楽しむ」収録を終えて感慨に耽る

 昨日、ビジネスブレークスルーの新講座「落語を楽しむ」の収録。
 依頼を受けたときは「え?オレ?」と驚きましたが、あくまでビジネスマンの落語初心者向けということでお引き受けしました。
 私が感じている落語の魅力、そして「笑っているだけでなく、ここはぜひビジネスに生かすべき」というポイントについて1時間収録。
 収録後スタッフの「田中さんがどうして落語に惚れ込んでいるのかよくわかりました」との感想が嬉しい。美人キャスターさんのサポートと、スタジオの外からなんとなく漏れ聞こえてきた笑い声のおかげでぜんぜん疲れないスタジオ収録。あれなら1日中でもいけますわ。

0124

 収録から1日経ち、われながら落語との付き合いも長いなあ、と感慨に耽っておりました。・・・私が初めて落語を聞いて5年ちょっとですが、最初に受けた衝撃、そして「落語家さんと一緒に仕事しよう」決意したこと。諸々含めて長い時間でした。
 ※昨年まとめた「5年の回顧録」 → http://www.yasuhiro-tanaka.com/event/b-side.html

 自分でも、ハナから落語家さんを落語家さんとして見ていなかったような気がします。
 すごいものを見たときに、自分とは切り離して感心するだけ、っていう態度が嫌いなんですね。すごいと思ったからこそ落語家さんをずっとライバルと思ってきた気がします。
 話の上手さとか、笑いを取るとかそういうことじゃなくて、生き方というのかなんというか。表面的な技術じゃなくて、もっと生き方の根本的なところで「負けたくない」という思いがずっとあった気がします。
 ・・・・5年以上も。やっぱりオレってアホですね。いまさらそう思いますわ。

 とにかく今回の「落語を楽しむ」がいいコンテンツになったとしたら、それはあえて私にこの企画を持ってきたビジネスブレークスルー加藤さんのヒットです。加藤さん、どうもありがとう。

 さて1/26(木)は志の吉さんとの2人会。
 http://jcollege.jp/2012/seminar_70_tanaka_and_sinokichi/
 ここまでの道のりに少々感慨に耽りつつ新春公演に向かうとしましょう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/53817315

この記事へのトラックバック一覧です: 「落語を楽しむ」収録を終えて感慨に耽る:

コメント

ビジネスブレイクスルーの「ビジネス入門講座 企業の決算書から学ぶ会計入門」を拝見しました!まだ前半なので、後半も楽しみにしています。
今度は落語ですか!ここまで好きになれるものがあって、本当にうらやましいです。諦めずに今から見つけるぞ~っ!そして「一緒に仕事をすると目標に持つ」って素敵な考え方ですね。私は、社会人になる直前から今まで、小林陽太郎さんをとても尊敬していますが、一緒にお仕事をするのは間に合わないっぽいです…。いやいや、チャンレンジする前から諦めちゃいけませんね!世界のだれかがものすごいアンチエイジングの成分を見つけるかもしれないし、不老不死とか、若返りとか、ロボットになって永久に脳みそが保存できるようになって話せるとか、アンドロイドになって生き続けるとか…、なにが起こるか分かりませんもんね。
うーん。そう考えると、とっても人生に緊張感が出てきました。田中さんには良い刺激をたくさんいただいています。ありがとうございます。

投稿: 三宅理絵 | 2012年1月 26日 01:13

三宅さん、実は落語はすでに過去のネタというか安定期なので、現在はそれに次ぐ新ネタを開発・勉強中です。来年くらいから講演・本で発表できると思います。どうぞお楽しみに。身体が衰えるのは仕方ないですが、それはそれで年を取るのもいいものです。年を取って初めてわかることや手に出来ることもありますからね。

投稿: たなか | 2012年1月 28日 10:38

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。