« 努力しても届かない「やる気のない」人生 | トップページ | ジャパンカップ降着事件とIFRS »

2010年11月29日 (月)

馬とともに幾年月

30回目のジャパンカップが終わった。
最近競馬のことばかり書いている気がするが、競馬をして、酒を飲んで、本を読んでいれば幸せなのだからしかたがない。

まったく逃げ馬が見当たらないレース、稀に見るスローで直線ヨーイドンは見えている。
ならば勝つのはブエナビスタか、エイシンフラッシュか、ローズキングダムか。
賭ける気にならず子供の運動会を見る気分でのんびりレース観戦。

後輩Xの愛馬ブエナビスタの圧勝。
おそらくこのメンツで10回レースをしても7回はブエナが勝つだろう。こういう馬が強い。
その強さに感心しつつ、競馬新聞で1着賞金を確認。こんなにあるのか。
ふむふむ。Xの懐にはこれだけ入るのか(職業柄、こういう計算は猛烈に早い)。
どれだけ奢ってもらえるのかと想像して夢を膨らませていたら、まさかの降着。

私はテレビの前で唖然としただけだが、東京競馬場で正装のXはさぞや間抜けな顔をしていたことだろう。
強い奴に逆風がふくのは世の常なのか。。

**************************

日本の馬たちが海外のすごい馬と戦うジャパンカップが始まって30年。
モンテプリンスを応援した第1回からよく覚えている。
あのころは「グローバル」なんて言葉はなかったな。「インターナショナル」だった。
いつからグローバルになったんだろう。

降着にしろなんにしろ、日本馬が上位独占だからすごいもんだ。
日本の馬はすごいけど、日本企業はずいぶん弱くなっちまった。
あと10年もしたら漢字の中国馬が勝ちまくる日が来るのだろう。

・・・後輩X、そういえば降着で繰り上がり1着になった馬の母親は「あの馬」じゃないか。
小さくてかわいかったあの牝馬。
あの馬がお母さんになり、その子供がジャパンカップ優勝だ。
われわれも年をとるわけだな。
降着を因縁などと考えず、競馬を楽しみつつ年を重ねた事実を喜ぼう。
ブエナはきっと右回りの有馬でも勝つ。
だから大丈夫だ、X。心おきなくおごってくれていいぞ。

posted at in 競馬

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/50159851

この記事へのトラックバック一覧です: 馬とともに幾年月:

コメント

 田中先生,ご無沙汰でございます。

 仰る通り,東京競馬場のターフの上で,30分近い審議を待っていました。

 生のレースではブエナが邪魔していたなどとは全く思わず,快勝を喜んで口取りの集合場所へ。

 会員の皆さんはもちろん笑顔。私も隣の会員の方に「強かったですね!」と一言。

 その場所では,ブエナが審議対象になっていることは全くアナウンスされず,いつものように裏口を通って,本馬場へ。

 そこでは,何度も何度もレースの映像が流れてました。10分,15分,20分と経っても確定せず。会員も上位馬,まさかブエナがやばいのかと思い出し,不安な面持ちに。

 そして,3時50分頃,ついに審議放送が。「第1位で入線したブエナビスタ号は…。」このフレーズで始まる時はまず降着。

 唖然とする会員の皆さん。でも,その場にいても仕方ないので,地下馬道を通って帰り出す会員たち。正に天国から地獄とはこのことか。

 帰る途中に,まず武豊騎手を発見。奇しくも同じ勝負服。次に,ローズの会員の皆さんとすれ違い,ローズの会員の方々は口々に「すみませんねえ~」と恐縮してました。

 私も強がって,「おめでとうございます。」と一言。

 馬券の損失など較べようもないほどの賞金(1位→2位)の機会損失に唖然とするばかりでした。

 しかし,優勝したローズキングダムの母はあの馬でしたね。これも何かの因縁ですか?母親を買っていれば,この馬も買っていたかもしれませんねえ。

 ジャパンCを優勝したら,何か企画しようと思っていたのですが,優勝もしていないのに祝勝会もないので,有馬まで延期させて下さい。

 有馬では,ローズを初め,レッド,ジャーニーなど,過去に先着を許した馬たち相手に,スッキリとした形で勝って欲しいです。そして,年度代表馬のタイトルをモノにして欲しいですね。

投稿: 後輩X | 2010年11月 29日 16:11

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。