« 私にとっての寄席 | トップページ | 日本の存在感 »

2009年11月29日 (日)

あの男がこんどは2cm勝利

東京競馬場にてジャパンカップ。
クリストフ・ルメール騎乗のウォッカが2cmのハナ差で勝利。

ルーメル・・・・ハナ差・・・・・2cm・・・・・。
こういうことがかつてあったような?

調べてみたらやっぱりありました。2005年のジャパンカップ。
ジャパンカップをハナ差3cmで負けたルメール、有馬記念でディープインパクトを負かして勝利。

このブログでも書いてました。自分の文章に「へえ~」と感心(?)。

・3cmという人生の差(2005/11/28) http://blog.y-force.jp/2005/11/post_c671.html

・3cmを取り返した男(2005/12/26) http://blog.y-force.jp/2005/12/3cm_6b11.html

ちなみに私がこのとき書いた「若い」ルメール、あれから4年経っていまや実績十分の大物。
磨けば光る玉は、やはり若いときから玉なんだねえ。

posted at in 競馬

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/46894057

この記事へのトラックバック一覧です: あの男がこんどは2cm勝利:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。