« 最近の悩みの原点、「自立」について | トップページ | 草食系談志なんていやだ »

2009年9月 4日 (金)

元気があれば何でもできる!

昨夜、酔っぱらってブログを書いた本日の朝、日経新聞で自分の新刊広告を発見。
「大事なのは本の売上げじゃない!」と書いた矢先に、目立つ広告を見て気まずい思い。

てきとうにピンフで上がったら、親が役満張ってたのを見てしまったような気分。
・・・この夏はずっとこんなかんじです。リズム悪し。関係者の皆さま、申し訳ない。

新刊は「12日間プログラム 決算書トレーニング」日本経済新聞出版社刊

「決算書」ではなく「トレーニング」に力点を置いた本。私の血と涙のトレーニングを元にした会計書です。
身体の引き締めと会社の引き締めを比べてみました。読んで痩せられる(かもしれない)不思議な本です。

********************************

リバウンドどころか、まだ痩せ続けています。
新聞などで顔写真が出るたびに「身体は大丈夫か」「何の病気だ」「メシは食っているのか」と心配されています。

友人諸君よ。君たち、心配している場合か。私はメチャクチャに元気だ。
駅でエスカレータを使うことはない。「ふ、メタボ行列め」と横目で笑いながら階段を駆け上がっている。
体脂肪率はもうすぐ半分、身体が締まってスーツも全部買い換え、とんでもない大損だ。
これを新刊の印税で取り戻すしかあるまい。

********************************

身体が元気であることが喜怒哀楽を激しく感じられる原動力なのかもしれません。
元気がないと明るく怒ることもできず、ジトッと暗くなるばかりだからね。

posted at in 書籍・雑誌

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/46114913

この記事へのトラックバック一覧です: 元気があれば何でもできる!:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。