« 弟子Aよりイベント御礼とチケット情報 | トップページ | 別々の行動 »

2009年5月24日 (日)

The Long Goodbye

ぜひともゆっくり落ち着いた時間で読みたい。そのときまではと、大切にとっておいた小説。
「The Long Goodbye」(レイモンド・チャンドラー著、村上春樹氏の新訳)
を一週間をじっくりかけて読む。

20代の頃、清水俊二氏の訳で2回ほど読んだ覚えがある。
若い頃読んだチャンドラーやパーカーの小説は刺激が強すぎた。
性格や思考回路にまで相当の影響を受けたが、今回はストーリーを忘れていたことで全く新鮮な気持ちで読むことができた。

清水氏の翻訳とはまったく違った味わいで甦るチャンドラーの名作。こいつはすばらしい。

翻訳した村上春樹氏の日本語感覚がすごいのか、それとも一生に数作の寡作家チャンドラーの筆のなせる技なのか。
これぞ時代も国も超越してしまう、筆の力。

途中、読み終えるのがもったいない、くやしいと思った。
こんな本には人生で何冊も出会えるものではない。
同じく村上氏の新訳「Farewell, My Lovely」がすでに書店に並んでいるのが心の救いです。

posted at in 書籍・雑誌

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/45120499

この記事へのトラックバック一覧です: The Long Goodbye:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。