« 想像力 | トップページ | 「まぜるな危険2」チケット発売について »

2009年5月28日 (木)

不況時の英断

地下鉄の車内でぼんやりと上のほうを眺めてみる。
広告と広告のあいだに、だんだんとすき間が目立つようになってきた。
目立つのは、

消費者金融の広告、
消費者金融で借りまくった人を救済する法律事務所の広告
安い発泡酒の広告
すき間を埋めるための電鉄会社の自社広告

それでも埋まりきらずにすき間だらけ。
そういえば雑誌も悲しいぐらい薄くなってきたなあ。あちこちで広告費削減。不況の影。

*******************************

そんな不況で縮むなか、志の吉さんと一緒に会社に呼ばれることが増えてきました。
私の講義に併せて落語家さんをセットで呼ぶという英断(?)には敬意を表します。

難しい顔して学ぶだけが勉強じゃない。
こういう不況こそ、笑い飛ばす腹の大きさが必要なわけだ。

2人でお伺いした某企業の、マスクをした若い人たち。
はじめての落語を堪能してくれたでしょうか。
落語家さんの修行を考えれば、君たちの「修行」はまだまだ甘い。
ぜひこれからも苦労を笑ってやり過ごしてくれ。

インフルエンザも収まった頃、こんどこそマスクのない笑顔でまた会おう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/45161922

この記事へのトラックバック一覧です: 不況時の英断:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。