« さて、寒くなったし飲みますか。 | トップページ | 突然ですが、オススメ »

2008年11月25日 (火)

弟子Aより「12.1まぜるな危険!」追加チケット発売のお知らせ

弟子Aです。

いよいよ12月1日(月)
「まぜるな危険! 立川志の吉・御立尚資・田中靖浩・柳家喬太郎 落語×ビジネス4人会」
が来週開催です。

チケットはすでに完売。どうもありがとうございます!

チケットを入手できなかった皆さまに追加発売のご連絡です。
「チケット何とかなりませんか?」声にお応えして、
当初発売予定のなかった3階席を一部当日発売することになりました。

開演1時間前の17:30より会場「草月ホール」受付にて販売いたします。
チケットは4000円、売り切れ次第終了です。
チケットを入手し損ねた皆さま、どうぞご利用下さい。

イベントの詳細はこちらをご覧ください
http://www.yasuhiro-tanaka.com/event/index.html#20081201

最近なぜかパソコン嫌いになっている師匠田中になり代わりご報告でした。
それにしても前代未聞の今回のイベント。
のんびりしている(ように見える)師匠をしり目に、スタッフは当日まで眠れぬ夜が続きそうです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/43227028

この記事へのトラックバック一覧です: 弟子Aより「12.1まぜるな危険!」追加チケット発売のお知らせ:

コメント

「まぜるな危険!」大変おもしろかったです。

落語ファンの自分は喬太郎師匠が一番の目当てだったのですが、御立さんと田中さんのお話も非常におもしろかったですよ。

ただ、苦言も呈しておきましょう。

開演前から、明らかに通常の落語会とは客層が違うなとは感じていて、まぁそりゃ、そもそも「落語会」ではないのだから当然だしそれ自体は別に問題ないのですが、志の吉さんの噺が始まると、平気で携帯電話の着信音を鳴らすバカ、バイブの振動音を響かせる無神経な輩、そして客席前方中央で写真を撮りまくる客までいる(その客は後で喬太郎師匠にイジられていましたが…)。

でも、私が一番ムッとしたのが、主催者側のカメラマンです。通常、ちゃんとした落語会やコンサートや演劇なら、カメラマンはちゃんとシャッター音の遮音対策をしています。でも今回はバシャバシャバシャバシャバシャバシャとシャッター音を響かせまくり。おまけに撮影位置を変えるために客席後方のドアを頻繁に出入りするものだから、そのたびにドアの開閉音が聞こえてくる。

マナーの悪い客と、カメラマンの相乗効果で、1階席後方にいた私は志の吉さんの噺にまったく集中できませんでした。トリの喬太郎師匠は爆笑に次ぐ爆笑だったのであまり気になりませんでしたけど。

「講演」なら別にカメラのシャッター音がしても、あるいは携帯の着信音がしてもたいして問題ないと思いますけど、「落語」は全然違いますよね。次回(があると期待しています)はそのあたり、ちゃんとして欲しいと切に願います。

投稿: saheiji | 2008年12月 2日 03:17

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。