« 健康が大事 | トップページ | 君子、器ならず »

2008年3月12日 (水)

偶然の出会い

新しい企画の関係上、読まねばならぬ本が山ほどあり、義務の読書に疲れている。
そんなときだからこそ、「偶然の出会い」を求めてしまうというもの。

週末、書店で衝動買いした一冊の小説。江戸時代の奉公物語。

子どもを奉公に出す家庭の事情、孤独な本人の心情、預かる米問屋の商い状況。
そして世界でもっとも先駆的な先物市場といわれる大坂の米市場の描写。

ほーっ、へえー、なるほど、の連続。「藪入り」をいろんな立場から学ぶ。
勉強になりかつ元気の出る素晴らしい小説でした。
で、この小説のタイトルは・・・・・。

皆さんの「偶然の出会い」を奪うのは申し訳ないので内緒にしておきます。

posted at in 書籍・雑誌

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/40469785

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然の出会い:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。