« 千両ミカン | トップページ | 三枚起請 »

2007年3月14日 (水)

ホワイトデーの行列

通りかかった百貨店の地下に、ズラリとオジさんたちの行列。
「ん?」
そうか、今日はホワイトデーなんだね。
高そうな店にいちばん長い行列が出来ていました。
律儀なオジさんに義理チョコを渡した女性、1ヶ月間の投資効率は高そうだ。

*****************

日経夕刊コラム連載、今日の演題は「水屋の富」。
これは志の吉さんに教えてもらいました。

水屋というのは「大変かつ儲からない仕事」の比喩。
その水屋が富くじ(いまの宝くじ)で一発当てた。
しかし「当たりくじ」を盗まれないかどうか気が気じゃない。
心配に心配を重ねた挙げ句、本当に盗まれて
「これでやっと苦労が無くなった」

実は私、株式投資ってあまり好きじゃありません。
もちろん株で儲けるのはいいのですが、あの「株価に囚われている」感が大嫌い。
正確には「株が嫌い」というより「株の好きな人が嫌い」というかんじ。
喜々として株の話しをする雰囲気ってなんか苦手です。
「終わった」とすぐ我に帰れる競馬と麻雀のほうが好き。
ついでにいえば、大金を持っていかれて怒りながら飲む酒が意外に好き(自虐的)。

昔から感じていたその「囚われている感」を「これで苦労が無くなった」と、さらっと落とすあたり、この噺は本当にお洒落だと思います。
それを飄々とした志ん生師匠あたりがやると似合うんですねえ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/14266270

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトデーの行列:

コメント

昨日、一昨日と拝見しました。
落語をほとんど知らない私としては、非常に面白い内容でした。
株式投資に絡められる落語というのもけっこうあるんですね。

というか、落語というのは庶民の人情味、やさしさ、浅ましさ、卑しさ、などなどを面白おかしく語ったものでしょうから、人間性の色濃く出る株式投資にはぴったりなのかもしれませんね。

田中さんならではのコラム、あと2回も楽しみです。

投稿: かまた | 2007年3月 15日 09:34

>かまたさん
お楽しみいただき嬉しいです。
あのイラストと、証券面の堅さのミスマッチが個人的に気に入っています。

投稿: たなか | 2007年3月 16日 11:40

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。