« 失われた財布を求めて | トップページ | 番組情報など »

2007年1月 7日 (日)

映画「エンロン」

やっと正月番組が一段落付いてきました。
昔から正月の歴史モノは苦手です。NHKなどの大河ドラマも苦手。
歴史モノをテレビで見てしまうと、その俳優さんのイメージが残ってしまうので。

むか~し、役所広司の織田信長見たせいで、いまだに信長の本を読むと役所広司が頭に出てくる、これがどうも好きじゃないんです。

だから「父親たちの星条旗」と「硫黄島」は悩みましたが、結局両方とも映画館で見てしまいました。
いい映画だと思いますが、でもどこか「作りもの」の嘘っぽさを感じて仕方なかったです。

それに対して今日の夜見たドキュメンタリー映画「エンロン」はなかなかよかったです。
なにせブッシュ大統領とかエンロンの経営陣、従業員などの実物が出てくるし。
内部統制のはしりとなったエンロン事件を人間ドラマから描いた作品です。

小さい映画館でしたが満員でした。意外にも女性、カップルの姿が多し。
きっとアナリスト、会計士などのカップルにちがいない(?)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/13363595

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エンロン」:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。