« 葬式で遺体の写真を撮る人々 | トップページ | 命日の朝 »

2006年11月13日 (月)

競馬をめぐる因果応報

競馬を知らない人には分からないだろうが、嬉しくない当たりというものがある。
エリザベス女王杯の馬券が当たってしまった。
あくまで「当たってしまった」ものであって、ちっとも嬉しくない。

それが今日のような「1着降着による的中」というやつ。
1着入線した無敗の本命馬カワカミプリンセスが、道中の進路妨害で降着となった。
その繰り上がり(ホントは2位)で優勝した馬というのが私の買っていた馬。
儲かったから嬉しいかといえば、ぜんぜん嬉しくない。
だいたい本気で儲けたいのなら競馬などやらない。

無敗のGI連勝を自分のミスで止めてしまったカワカミの本田騎手は悔しいだろう。
きっとそれよりムカついたのは繰り上がり1位馬のジョッキー福永。
G1の晴れ舞台で「繰り上がり1位」で表彰されるなど、大恥もいいところ。
馬主や調教師の手前、ムッとする訳にもいかないし、無理に笑顔を作りつつ、
「本田の野郎、冗談じゃねえぞ~!(怒)」
と心の中で思っても、本田は年上。口に出すわけにいかない。可哀想な福永。

・・・・・が、しかし。

過去にJRA史上1回だけあった「G1降着」。
秋の天皇賞、武豊メジロマックイーンの降着だった。
そのレース、武豊マックイーン斜行のあおりを一番食ったのが本田のプレジデントシチー。
あのとき本田は、理不尽な怒りをマスコミにぶつけていた。
おそらく今晩、本田Jは後輩福永と妨害した四位に深くお詫びをしにいったにちがいない。

因果応報、運命はめぐる。
こと競馬に限っては、どうやら神様はいるようだ。

posted at in 競馬

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/12664522

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬をめぐる因果応報:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。