« 「数字は見るな!」完成記念飲み会のご案内 | トップページ | エビ »

2006年10月 6日 (金)

ディープ敗戦から大いに学ぶ

自分なりのシミュレーションではディープインパクトは負けるだろうなあ、と思っていたらやっぱり負けてしまった。
ディープは新刊のネタでもあり、勝ってくれればいいなという下心はあったがやはりダメだった。
残念無念。でも、またぜひ来年も挑戦して欲しい。

ふと、人ごと(馬ごと?)だったこの敗戦を我が身に置きかえて、「ハッ」とする。

勝負に勝つためには日々の積み重ねが大切である。
自分も毎日まだまだ修行だと思ってやることがある。
ここ一番に強くなるためには、まず何より「同じようなレースをせず、いろんなレースを経験すること」である。
それが執筆、コンサル、ライブ、どんな仕事であれ。
狭い世界で同じ型の勝負を繰り返して生まれた余裕は、意外に脆い。
うん。幼稚な経済誌より競馬から学ぶことのほうが多い。

マスコミで武豊Jのコメントが報じられだした。
活字で報じられる100倍ほど、同じレースをさせてきた本人は悔しがっていると思う。

それにしてもレース直後に「立派な3着でした」と声を掛けたアホなアナウンサーは何だ。
紳士的な武Jだから「無視」で済んだ。本当によかった。

posted at in 競馬

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153995/12168138

この記事へのトラックバック一覧です: ディープ敗戦から大いに学ぶ:

コメント

コメントを書く




※メールアドレスはこのサイト上には表示されません



※URLへのリンクが表示されます。